人気ブログランキング | 話題のタグを見る

絵本といっしょにまっすぐまっすぐ


こんにちは。
週に2回は更新していこう、という目標を決め、細々と記事アップしていこうと思っています。
が…、月・木があっという間にやってきます!!ね!
記事をためていきたいんですが、いかんせん、追われています(笑)。
でも、この記事を書いていくのは楽しい作業です。

今日は、すてきな絵本に多く出会いたい、と思う方におすすめの本を紹介します。
すでにたくさんのすてきな絵本に出会っている方も、
絵本を読むように心が落ち着いて、味わい深い本です。

絵本といっしょにまっすぐまっすぐ_a0374325_17255966.jpg




















2016年6月に出版された鈴木潤さんの『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』です。
子どもの絵本専門店メリーゴーランド京都の店長である潤さん。
2007年に三重の四日市にあるメリーゴーランドから、京都店を立ち上げることになり、
河原町の壽ビルディングにお店ができました。
(壽ビルディングは、ミナ・ペルホネンやほぼ日のTOBICHIも入っているとても素敵なビルです)
『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』は、
今年メリーゴーランド京都はちょうど10周年なので、10年前から潤さんが少しずつ綴ったブログが
書籍化されたものです。
もとのブログは、こちら。http://junzizi.exblog.jp/
メリーゴーランド京都が誕生してからの10年間は、著者の潤さんにとっても
ご結婚され、2人の男の子のママになるという激動の時期。
その日々のなかで綴られた文章たちです。

中は、こんなふうに潤さんの日常と、それにつながってくる絵本や児童書の紹介がされています。
上の方が日々を綴った文章、下が絵本を紹介するコラム的な感じです。

絵本といっしょにまっすぐまっすぐ_a0374325_17260023.jpg





















一緒に撮影した、右にある『花になった子どもたち』を紹介しているページを開いています。
この『花になった子どもたち』も、『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』を読んで、
購入した作品です。とても素晴らしい本。

絵本って、世の中を生きていく知恵や世界のみかた、ユーモアや美しさを伝えてくれているように思います。そんな絵本の世界とともにいる潤さんだからこその視点と日々があり、子どもとともにある姿勢が描かれているのです。
潤さんがブログで「食べ物は身体の栄養、本は心の栄養」というようなことを書かれていて、
本当にそうだなあと思います。
そして、『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』
読むと、なんだかとてもほっとします。そして、何度でも読み返したくなります。

メリーゴーランド京都へ行くと、「~のような本がほしいんですが・・・」と伝えると
潤さんや麻子さんがすぐに教えてくれます。
そこでも、私が出会ったことにない絵本にまた出会え、驚き、嬉しくなります。
ぜひ、メリーゴーランド京都にも行ってみてください。
2週間ペースで作家さんの展示会もしていて、私も毎回行きたくなりますが、
いつもいつもは行けず残念です。
http://www.mgr-kyoto2007.com/
私は、この日記のコーナーを欠かさず読んでいます♡

そして、この本を読んで、私はあることを閃きました。
そして、ずうずうしくも、潤さんに依頼をするのです。
それは、
「社会的養護で育つ子ども」「多様な家族のありかた」「喪失」
などをテーマに潤さんに選書してもらう、ブッククラブをお願いするというもの。
どきどきしながらご依頼したところ、
ありがたくも、潤さんは快諾してくれ、今は毎月本が届きます。
その本たちも、また追い追い記事にしていきますね。

by chisanatobira | 2017-08-21 17:43 | 絵本と出会う・親しむ

子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」をしています。絵本『子どもの権利と新型コロナ』の最新情報は、ツイッター @kodomonokenri_c、Facebookページ「子どもの権利と新型コロナ」をご参照ください。


by chisanatobira