人気ブログランキング | 話題のタグを見る

すべての子どもたちのために

すべての子どもたちのために_a0374325_22355322.jpg

「話す」お仕事が続いています。
今日は、施設職員さんへ子どもの権利のおはなし。
一緒にグループワークもしながら学んでいく予定です。
準備は万端!としつつ、今日はワークもするので、
自分を信じて、その時間は集中しつつも、
自分の心に風が吹くくらいのスペースを残しつつのぞみたいと思います。

子どもの権利条約のお話をするときに
必ず紹介するのがこの絵本。
キャロライン・キャッスル(文)池田香代子(訳)『すべての子どもたちのために~子どもの権利条約』ほるぷ出版、2003年
訳は、池田香代子さんなんですね。

子どもの権利条約がわかりやすく美しい言葉で、
そして、美しい鮮やかな絵と共に伝えられます。
絵本作家さんたちの表現がすばらしい。

まずは、1ページ目。私は、この1ページ目が大好きなのです。

「わたしたちがだれで、どこにすんでいるかなんて、関係ありません。
これらの権利は、太陽と、月と、星の下に生きる、すべての子どものものです。」
(第2条 差別の禁止)

すべての子どもたちのために_a0374325_22365668.jpg

つづいてのこちら。

すべての子どもたちのために_a0374325_22371980.jpg


生きる・育つ権利をこれほどすてきに描いている絵はなかなかありません。
「すべての子どもには、生きる権利、そしておおきくなる権利があります。
子どもはおおきく、おおきく、おおきくなって、
いつの日か、自分で自分のことが決められるようになります。」
(第6条 生きる権利・育つ権利)

社会的養護にかかわる家族についての条文の絵もあります。
9条だけを指していますが、第20条代替的養護 も関連していると思います。
(第9条 親と引き離されない権利)

第13条は、ジョン・バーミンガム。
ガンピーさんの作品でおなじみ。
第12条も含めた言葉のように思います。
子どもの「ささやき声にも、さけび声にも」応答してほしい、
「絵で気持ちをつたえたりもする」という言葉も
意見表明権のイメージを拡げるように思います。
(第13条 表現の自由)

最後は、第42条。権利条約の広報についての条文もあります。

「わたしたちがだれで、どこにすんでいるかなんて、関係ありません。
これらの権利は、すべての子どものものです。
そのことを、みんなが知ってください。」

絵が一つひとつすべて違うにもかかわらず、
ばらばらの印象を与えないのが、この絵本の素敵なところです。
子どもの権利条約を、物語のように伝えているからかもしれません。
絵本のことばを味わうと、視線は遠くを見つめる感じになるように思います。
子どもと一緒にいると、なんだか近視眼的になってしまうこともありますが、
子どもは、どんどん大きくなっていく。
遠くを見ることで、目の前の子どもを大切にする意味を感じさせてくれる絵本です。

by chisanatobira | 2017-09-21 08:35 | 子どもの権利条約

子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」をしています。絵本『子どもの権利と新型コロナ』の最新情報は、ツイッター @kodomonokenri_c、Facebookページ「子どもの権利と新型コロナ」をご参照ください。


by chisanatobira