人気ブログランキング | 話題のタグを見る

A Koala for Katie

なかなか更新が途絶えがちです。
紹介したい絵本・本はいっぱいありますので、ぼちぼちやっていきます。

今日、ご紹介する絵本は、"A Koala for Katie"、訳すと『ケイティのためのコアラ』でしょうか。
副題にある養子縁組の物語とあります。
Jonathan London (作)、‎ Cynthia Jabar (絵)です。
1997年発刊、出版社はAlbert Whitman & Co です。

この夏、里親さんの研修に行かせていただいた際、絵本のお話をさせてもらいました。
そこである里親さんがこの物語を、主催の方を通じて教えてくださったのです。
当時、児童相談所にこの絵本があり、その絵本を読まれたのだそうです。
養子縁組・里親とは何かということを、子どもに非常に分かりやすく伝える絵本です。
A Koala for Katie_a0374325_06475843.jpeg

優しい雰囲気の絵で、それが読み手の心を落ち着かせてくれます。

物語は、赤ちゃんに関心がいっぱいのケイティが、ママに自分の生い立ち
「私は本当のママのおなかにいるの?」と尋ねるところから始まります。
このママとケイティ、パパとケイティのやりとりがとても素敵です。
二人ともケイティの視点にたって、ケイティがわかるように説明をします。
先ほどのケイティの質問にも
「私も本当のママだけどね」と応答するところもすてき。

ある日、3人は動物園に行き、赤ちゃんコアラを抱っこする母コアラを見かけます。
「あの母コアラが子どもを育てられなくなったら・・・」
その問いかけから、パパ・ママは、ケイティに自分たちの存在がケイティにとって
どんな存在かを説明します。
ケイティは、コアラの親子からそれを学び、かわいいコアラのぬいぐるみを買ってもらって
その子をまもります。

A Koala for Katie_a0374325_06481007.jpeg
現実とファンタジーを行き来しながら、子どもと一緒に養子縁組・里親のことを語り合える
素敵な絵本です。

by chisanatobira | 2017-11-27 06:44 | 養子縁組

子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」をしています。絵本『子どもの権利と新型コロナ』の最新情報は、ツイッター @kodomonokenri_c、Facebookページ「子どもの権利と新型コロナ」をご参照ください。


by chisanatobira