人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ごはんはおいしい

こんにちは。
寒い、寒い日々ですね。
みなさん、お大事になさってください。

今日、ご紹介する本は、『ごはんはおいしい』(ぱくきょんみ(文)鈴木理策(写真)、福音館書店、2017年、1,600円+税)です。
鈴木潤さんの選書によります。
ごはんはおいしい_a0374325_09433743.jpeg

作品は、こんな土鍋で炊かれたおいしそうなごはんの写真から始まります。
湯気がたって、お米のつぶが見えて、おなかがすいているひとは、
きっとぐーっておなかがなっちゃうと思います。
ごはんはおいしい_a0374325_09434913.jpeg
この本では、ごはんになるまでの物語を伝えてくれます。
田んぼにあかちゃん稲が植えられ、育ち、稲穂となってお米になるまでの物語。
ぱくきょんみさんの言葉もやさしく、情景が浮かぶように語られ、
写真がとても美しいです。

生きることって、食べることと直結していますよね。
なかなか丁寧に食事をつくることもできていなくて、
ばたばたしていますが、でも、食事って子どもにとってとても大切なものだなあと思います。
里親支援団体キーアセットでは、こんなレシピ本も作られています。
http://www.keyassetsnpo.jp/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%8C%E5%AE%8C%E6%88%90%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81/

「ごはんはおいしい」って心から言葉を発して、しみじみ味わえる時ばっかりじゃないでしょう。
私自身もそうです。
でも、やっぱりそれはすごく大切なことなんだなあと思います。
そして、すべての子どもたちが、そんなふうに食べることが出来る環境をつくっていきたいなあと思うのです。

『ごはんはおいしい』、表紙をとったら青々とした稲たち。
凛として美しいです。
ごはんはおいしい_a0374325_09440733.jpeg

by chisanatobira | 2018-01-15 16:51 | 生きること

子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」をしています。絵本『子どもの権利と新型コロナ』の最新情報は、ツイッター @kodomonokenri_c、Facebookページ「子どもの権利と新型コロナ」をご参照ください。


by chisanatobira