人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」


こんにちは。
インフルエンザが猛威をふるっていますね。うちも、流行にのって娘さんが羅漢。みなさま、お大事になさってくださいね。

本日ご紹介するのは、はしもとみおさんによる『はしもとみおの木のどうぶつ図鑑』(株式会社想像教育センター、2017年、1400円)です。

SNSで知ったはしもとさん。ご自身もインスタグラムで発信されているのですが、1980年生まれの彫刻家です。はしもとさんが彫刻を志したのは、阪神大震災での経験。失われた命であっても、「生きていた大切な命をずっと残しておきたい」とその姿をそのまま遺すことができる彫刻の道を志されます。

はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07513413.jpeg
絵本は、
「この世界には、人とはちがう形をした生き物たちがたくさんいます。かれらはからだは小さくても、大きくても、おなじ命を一つずつもっていて、この地球でわたしたちといっしょにくらしています。命をもつものたちは、いろんな顔をしていて、いろんな姿形をしていて、だれひとりとってもおなじではなく、みんな、それぞれの美しさをもっています」

と始まります。
まさに、はしもとさんの、多様性の定義だなあ、と思って、思わず購入してしまいました。多様性の定義は、人間にとどまりません。

はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07514818.jpeg
絵本のなかでは、さまざまな動物たちが登場します。この右側の猫はチグリスさんといいますが、最高です。

最後に、はしもとさんのデッサン5ヶ条が紹介されるんですが、これはすべてに通じることだなあと思いながら読みました。自然はびっくりするほど打つうしい、目の前にあるものを信じてかく、うまくかこうとしない、など。

命を慈しむ同時代の作家さんの存在は、なんだかとても心強いです。子どものワークショップもされているので、いつかどこかで受講してみたいです。

現在、名古屋のヤマザキマザック美術館では、はしもとみおさんの「木彫りどうぶつ美術館」やっていますよ。
http://www.mazak-art.com/index.shtml
2月25日までですので、機会があればぜひ。
私は名古屋へ出張の際、さくっと行ってきました。さわれますし、写真もとれますし、近くに寄れますし、解説も聴けますし、おとなも子どもも楽しめる内容になっています。

私は特に、黒柴月くんの世界が好きでした。
はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07565613.jpeg
はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07572269.jpeg
はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07574678.jpeg
はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07583261.jpeg

はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07585029.jpeg
はしもとみお「木彫りどうぶつ美術館」_a0374325_07591008.jpeg

by chisanatobira | 2018-01-29 15:41 | でかける

子どもと家族の小さな図書館「ちいさなとびら」をしています。絵本『子どもの権利と新型コロナ』の最新情報は、ツイッター @kodomonokenri_c、Facebookページ「子どもの権利と新型コロナ」をご参照ください。


by chisanatobira